rosyuuの家電ブログ

家電量販店で働いていた人が家電をメインに取り扱うブログです

アイロボット ブラーバ調べてみた

今回はアイロボットのブラーバについて記事にします

 

人気のお掃除ロボットですが

商品の特徴と機種ごとの違いについて書いていきます

 

・そもそもブラーバとはどんな商品か?

 

ブラーバは床拭き専用充電式ロボットクリーナーで

ドライモード(から拭き)・ウェットモード(水拭き)の2つのモード

から選んでお掃除する商品です

フローリングはもちろん、タイル・クッションフロアの床に対応しています

 

・ドライモードとウェットモードについて

ドライモードとウェットモードの違いについて書きます

 

ドライモード→水を使わずに拭き掃除をします。

ホコリ・髪の毛・ちょっとした汚れをクロスでお掃除します

※専用のドライクロスをセットしてご使用ください

 

ウェットモード→本体にセットした水を使って水拭き掃除をします

皮脂汚れ・ホコリ・床の食べ残しなどの頑固な汚れをクロスでお掃除します

付属の洗浄液を使用するとより効果的です

※専用のウェットクロスをセットしてご使用ください

 

床の状態に合わせてドライモード・ウェットモードを使い分けましょう

 

・機種ごとの特徴について

1 ブラーバ 390j

ブラーバの標準モデルになります

専用のクロスの他にクイックルワイパー立体吸着シートを

代わりにセットしてお掃除することができる機種です

 

対応畳数

通常           NorthStarキューブ使用時

ドライモード→18畳      ドライモード→56畳

ウェットモード→8畳       ウェットモード→20畳

 

・お掃除が終わったら自動で充電台に戻る仕様です

・壁際もきれいにを掃除でき、本体前面にワイパーが付いていて

    椅子やテーブルなど傷をつけない配慮もしております

・段差感知センサーが付いているので本体が落下しません

・ウェットクロス・ドライクロスはそれぞれ2枚付属

・充電は専用の充電台に乗せて充電します

・本体重量は1.8kgです

 

2 ブラーバ jet250

ブラーバの上位機種になります

標準モデルの違いは

 

・ダンプモードを搭載しており日常的な拭き掃除ができます

・ウェットモードとダンプモード使用時ジェットスプレーで汚れを浮かび上がらせて

   拭きとることができます。

   またクリーニングクロスを細かく振動するのでやさしくしっかりと汚れを

   拭きとります

・本体の充電はバッテリーを本体から外して専用の充電器で充電する仕様です

(約2時間で充電できます)

・使用畳数

   ドライモード→15畳 ウェットモード→12畳 ダンプモード→15畳

 ・クロスはドライ・ウェット・ダンプ専用が2枚ずつ(使い捨てです)と

   最大50回まで洗濯して繰り返し使えるクリーニングパットが1枚付いています

 ・本体重量は1.2kgです

3 ブラーバ jet m6

ブラーバの最上位機種になります

対応畳数がウェットモード・ドライモードともに60畳までお掃除でき

広いお部屋・複数のお部屋のお掃除が可能となりました

・専用のクリーニングパッドをつけてスタートするだけ!!

 パッドに合った掃除モードを自動で選択しお掃除します

(お掃除が終わったらホームベースに戻ります)

・スマートマッピング機能搭載で家中の間取りを学習・記憶し

 お掃除するタイミングをコントロールします

・iRobot HOMEアプリを使用できスケジュール設定・清掃モードの設定

 侵入エリア禁止設定などスマートフォンで設定・操作ができます

・Amazon Alexa・Googleアシスタントに対応

・ルンバi7・i7+との連携が可能

 ルンバのお掃除が終わるとImprintリンクによってブラーバにお知らせし

 自動で拭き掃除がスタートします

・付属のパッドは使い捨てウェットパッド(2枚)・ドライパッド(1枚)

 洗濯可能のウェットパッド・ドライパッド(各1枚)が付いています

・本体重量2.2kgです

 

今回はここまでにします

最後まで見ていただきありがとうございます